2019年08月28日

データベース事始め。

約2年前の5月頃から、あるコミック作品の情報をまとめて、検索出来るようにしたいと思い、
ちょうど利用していたレンタルサーバに、MySQLも付随していたので、それを利用して作る事にしました。
データベースは初めての挑戦でした。
ものの本を見ては、試行錯誤しつつ、情報を登録したり、PHPのコードを書いたり。
そのために参考にしたのは、以下の書籍になります。

<参考書籍>
ソーテック社「詳細!PHP7+MySQL入門ノート」
マイナビ「PHP7+MariaDB/MySQLマスターブック」

また、環境構築に関しては以下が役に立ちます。

↓MySQLのサイト(英語版)
https://www.mysql.com/
↓MySQLについて(Wikipedia)
https://ja.wikipedia.org/wiki/MySQL
↓PHPについて(Wikipedia)
https://ja.wikipedia.org/wiki/PHP_(%E3%83%97%E3%83%AD%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%9F%E3%83%B3%E3%82%B0%E8%A8%80%E8%AA%9E)

趣味の範疇ではありますので、非常に他愛ないものを作ってしまった、と思ってはいるのですが、
まぁそこそこ便利に使えるかな、と思っています。
プロの方ならもっと高度なものが構築できたと思いますが…。

それにしてもオープンソースだからこそなのか、日進月歩でバージョンが変わるのが早い…。
PHPに関しては、1年前の春ごろに、バージョンが5.xから、7.xになっていたので、
プログラム周りは中身を作り直す事になりましたが…。

↓以下のサイトに、データベースを使う利点などについての質問と回答がありました。
https://teratail.com/questions/38257

上記のサイトにもありましたが、PHPとMySQLは色んな書籍でも紹介されているように、
親和性は高い、と思われます。
ネットで検索すれば、様々な情報も出てきますので、勉強もしやすい言語とデータベースではないかと。

↓参考までに、作ってみた検索データベースはこちらになります。
https://tomobikicho-4cho-me.com/info/data/gen_data.php
https://tomobikicho-4cho-me.com/info/data/ani_data.php

私も最初はちょっと躊躇してましたが、やってみると面白いものです。
欲しい情報を引き出す速度が、やっぱり違いますね。
…多分、もっといいコードの書き方とかあると思うのですが、私はこのくらいが精一杯…。

PHPとデータベースに興味があれば、構築方法も色々あると思いますので、
挑戦してみるのも、新たな発見があって、楽しいものです。
ただ、次にバージョンが大幅に変わって、作り直す手間が発生したら、出来るかどうか…(汗)
【プログラミングの最新記事】
posted by もの実高志子 at 19:58| Comment(0) | プログラミング

2019年08月27日

障がい者手帳のメリット・デメリット。

現在は、「現代病」が増えているようです。
特に「心の病」は、ただ気付いてないだけで、自分のすぐ身近にいる事があるかもしれません。
私自身も軽うつで月イチで通院しています。
昔よりは心身共に、元気になってきたかな?とも思うのですが、何しろ30年弱の付き合いです。
これからも付き合っていかないといけない病気である、と自覚はしているものの、
寛解出来るに越した事はありません。

そうは思っているのですが、ある時知人から、「自立支援」の制度であるとか、
「障がい者手帳」について教えてもらい、取得する事にしました。
身体障がいであるとか、精神障がいの手帳を取得しておくことで、なにかしらのメリットがあります。
ただ、デメリットもあるのでしょうか。
一番のデメリットは、恐らく「取得に抵抗がある」という事かもしれません。
私も多少の抵抗感はありましたが、色んな優遇・支援制度があるとわかり、ある程度助かっています。

↓身体障がい、精神障がい手帳についての優遇・支援制度について。
http://www.media116.jp/other/1425
http://www.media116.jp/other/2379

実は私はあんまり優遇制度について知らないでおりまして、携帯料金が安くなると、先日初めて
知りました。せっかくなので、店舗へ行って、サービスの申し込みをしてきました。
税金や公共の交通機関の一部も、安くなったり無料になる場合があるので、調べてみると色々ありそうです。

就職についても支援などはあるらしいですが、私は今まで一般雇用や派遣だったので、
障がい者枠の雇用がどういったものかは、実はあまりよく知らないのです。
大体は契約社員や、パート、バイトといった形で就職して、実績によっては正社員登用もあるとは
聞きますが、まだまだそのあたりのハードルは高いかもしれません。

まだまだ課題も多いこのご時世。少しでも暮らしやすい世の中になって欲しいと思います。
posted by もの実高志子 at 11:08| Comment(0) | 健康・病気

2019年08月23日

渇望の、社会復帰。

8月21日に面接へ行って来ました。今年に入ってから何度目かの面接です。
実は去年3月末日で派遣が終了しまして、就活をしていたわけなんですが…。
応募すれど、応募すれど、書類落ち…一体何件あっただろうか、と。
面接まで行けたのは、本当に数えるほどでして。
それもまた落ちる…。
一体私にこれ以上どうしろと言うのだぁぁぁぁ!!
と、なってましたw

いい加減仕事探しにも疲れてきた頃。
某でっかい会社にて、「雇用支援モデル」というものを知りまして、応募。
面接へ、と行きまして、その日の夕方には結果が電話できました。
正直、これでダメだったら、しばらく就活休もうか知らん…と思っていたところでした。
何しろネットで登録していたサイトからも、連日「書類落ち」メールが届いていたので、
「ある種のSPAMメールか!?」と思ったくらいです。
で、何とか今回は「採用」の電話をいただく事が出来ました。
来月から、渇望していた「社会復帰」が出来るんです!
プチ・引きこもりみたいな状態から脱したくて、色々やってましたが、
本当に、1年半ぶりくらいです。社会に復帰出来るのは。

ところで「雇用支援モデル」って何?
と思われた方もいるかと思います。
簡単に言うと、障がい者の職場復帰を支援するための雇用、と解釈していいのではないかと。
雇用形態としては「アルバイト」なんですが、それを12か月専念してやります。
その後の3か月という期間を使って、あらためて就活するというスタイルです。

もともと私もうつ持ちでして、障がい者手帳保持者であります。
今までは一般雇用でやってきたのですが、今回初の障がい者雇用を体験する事にしました。
そこで、時短勤務から始められる今回の募集に応募した次第です。
時短で始めて、仕事に慣らしていくわけですね。
私もブランクがありますから、時短から始めた方がいいだろう、という主治医のアドバイスもありました。

来月からになりますが、ようやく社会復帰。
まずは安定して仕事が出来るよう、自分を鍛えたい(?)と思います。
posted by もの実高志子 at 13:16| Comment(0) | 仕事