2019年08月23日

渇望の、社会復帰。

8月21日に面接へ行って来ました。今年に入ってから何度目かの面接です。
実は去年3月末日で派遣が終了しまして、就活をしていたわけなんですが…。
応募すれど、応募すれど、書類落ち…一体何件あっただろうか、と。
面接まで行けたのは、本当に数えるほどでして。
それもまた落ちる…。
一体私にこれ以上どうしろと言うのだぁぁぁぁ!!
と、なってましたw

いい加減仕事探しにも疲れてきた頃。
某でっかい会社にて、「雇用支援モデル」というものを知りまして、応募。
面接へ、と行きまして、その日の夕方には結果が電話できました。
正直、これでダメだったら、しばらく就活休もうか知らん…と思っていたところでした。
何しろネットで登録していたサイトからも、連日「書類落ち」メールが届いていたので、
「ある種のSPAMメールか!?」と思ったくらいです。
で、何とか今回は「採用」の電話をいただく事が出来ました。
来月から、渇望していた「社会復帰」が出来るんです!
プチ・引きこもりみたいな状態から脱したくて、色々やってましたが、
本当に、1年半ぶりくらいです。社会に復帰出来るのは。

ところで「雇用支援モデル」って何?
と思われた方もいるかと思います。
簡単に言うと、障がい者の職場復帰を支援するための雇用、と解釈していいのではないかと。
雇用形態としては「アルバイト」なんですが、それを12か月専念してやります。
その後の3か月という期間を使って、あらためて就活するというスタイルです。

もともと私もうつ持ちでして、障がい者手帳保持者であります。
今までは一般雇用でやってきたのですが、今回初の障がい者雇用を体験する事にしました。
そこで、時短勤務から始められる今回の募集に応募した次第です。
時短で始めて、仕事に慣らしていくわけですね。
私もブランクがありますから、時短から始めた方がいいだろう、という主治医のアドバイスもありました。

来月からになりますが、ようやく社会復帰。
まずは安定して仕事が出来るよう、自分を鍛えたい(?)と思います。
posted by もの実高志子 at 13:16| Comment(0) | 仕事