2019年08月18日

融通をきかせたいなら、レンタルサーバ。(1)

「サーバー」か「サーバ」か。
どちらでも意味は通じますから、今回は「サーバ」という事で。
昔、自身のパソコンをサーバにする「ANHTTPD WEBサーバソフト」を使って、ちょっとお遊びで?
サーバ化してみたのですが、実際のサーバにするとなると、24時間稼働のセキュリティがどうのと、
色々大変です。空調もきかせて、熱暴走を防がなければいけないし。
なので、知人数人にだけ告知して深夜に訪問?してもらったりしておりました。
私はずっとWindowsなのですが、一応コマンドで操作、という事もやってましたが、
何しろいつもやっているわけではないので、割とすぐに忘れます(汗)。
で、自宅サーバは無理なのはわかってましたので、レンタルサーバを使っております。
インターネット黎明期あたりは、レンタルサーバも容量が少なくて割高だったと思います。
今は無料でレンタル出来るところもありますが、広告が出たり、ドメインがアレだったりするので、
ちょっと出費はありますが、独自ドメインでサーバをレンタルするのが一番理想的ではないかと思います。

私が取った独自ドメインは「.com」でして、多分「.jp」ドメインよりはお安かったかと。
ただ、私は英語がダメなので、レンタルサーバ会社に代行をお願いして、
WHOISに登録される情報もその会社の住所、会社名、電話番号などにしてもらいました。
まぁ個人で使用してますので、それほどどでかいデータを置かない限りは、
使える機能と容量と値段を比較してみれば、割と要望に合った手頃なものが見つかると思います。
価格で言えば、ひところよりは、ずっとリーズナブルになったと思います。

ただ、今時は、わざわざドメイン取って、レンタルサーバでWebサイトを立ち上げる、というのも
あんまりスマートじゃないかもしれません。私は使った事はありませんが、ブログ感覚で、
カッコイイWebサイトを簡単に作れるサービスも出てきていますから、どんな形でサイトを作るかは、

「独自ドメインでアピールしたい」
「ちょっと凝ったシステムを作って(勉強して)みたい」
「データベースを構築したい」
「ドメインはどうでもいいからアートに特化したサイトにしたい」
「ブログやSNSで発信・交流出来れば十分」

などといった、個人のニーズによりけりですよね。
たまたま私は、“ホームページ”の魅力に取りつかれてしまったので、
一番最初は利用プロバイダのホームページサービスを利用していましたが、
それだけでは飽き足らず、無料でホームページを作れるサービスの元祖
「ジオシティーズ」も体験してみましたが、その先にあったのが
「独自ドメイン取って、色々自作したい」
でした。
そして今に至る、という(途中大分はしょってますが)わけです。

自分が一番やってみたい事が見えてきたら、
おのずと利用するべきサービスなども見えてくると思います。
私もあちこち利用サービスを変えてきましたが、
今やっと落ち着いた、という感じです。
これ以上書くと長くなりますので、どんな事をやってきたかは、またあらためて後日、
という事で。
posted by もの実高志子 at 15:51| Comment(2) | SNS・Web
この記事へのコメント
インフルエンサー様のYoutube動画を拝見すると、最近は独自ドメインの効果は薄く、むしろTwitterの方が効果があるとのご意見を見ました。
確かに、今時ならば、スマートフォンを念頭に置いて、Wordpressでちょいちょいと仕上げて、Twitterで更新を広報するという流れらしいです。
う〜ん CGIに慣れ親しんだ旧人類には、ちょっと敷居が高すぎると感じる次第です。
DD拝
Posted by DD at 2019年08月22日 00:39
時代は変わるものですね〜。今はむしろお金なんかかけなくて
SNSなどの利用で、手軽にアピールできてしまうんですね。
確かにパソコンは無くてもスマホやiPadといった端末で見られて使えれば十分かも…。
私も旧人類の端くれとしては、「時代は変わったなー」と思わざるをえませんね。
良い情報をありがとうございました。
Posted by もの実高志子 at 2019年08月22日 06:05
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: